ペニス増大と精力は共にマムシ成分で効果抜群

マムシの栄養成分には、良質のタンパク質、カルシウム、鉄、リン、
タウロコール酸、ビタミン、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、リノール酸です。
これらの中で特に精力に関係するものとしてしては、スッポンと同様に
まず第一に良質のタンパク質です。
つまり、タンパク質を構成するアミノ酸が豊富に含まれているという
ことで、マムシには8種類の必須アミノ酸を始め、20種類以上の
アミノ酸が含まれており、タンパク質としては、牛肉の3倍以上もあり、まさに最強といってもいいほどでしょう。
さらに、カルシウムは牛肉やカツオの100倍以上、鉄分は4倍、リンは
60倍と目立って多く含まれていることも、滋養食としてマムシが優れて
いる点です。
タウロコール酸とはタウリンのことで、その働きは疲労回復やストレス
解消に効果があることが分かっています。
各種ビタミン類やリノール酸なども、豊富なアミノ酸と作用しあって
新陳代謝を促し、血圧を正常化してくれます。
ちなみに、マムシの筋肉と臓器の中には、アミノ酸がいくつも結合
している化合物である生理活性ペプタイドというものが含まれている
ことが分かってきました。
これは微妙でも末梢血管を拡張し、血流促進、血圧増進、血圧降下
に優れた効果があります。
つまり、中高年男性の精力減退の原因の一つは、血流が悪くなって
ペニス内の末梢血管に血液が流れ込まなくなることですから、生理活性
ペプタイドの働きで末梢血管が拡張されれば、それだけでペニスの
勃起作用が促されるということです。
こういった観点からも、マムシには確かに精力及びペニス増大に直結
する効果があることが科学的にも証明されていることが分かります。
ペニス増大サプリ提案室が参考になりました。
私も暇な時に覗いています。

マムシ酒を飲んだオヤジのペニスがビンビンになった

うちのオヤジは95歳で亡くなったんだけど、そこまで長生きできた秘訣
はマムシ酒を飲んでいたおかげだって、いつも話してたよ。
死んだお袋も言ってた。
お前が生まれたのはマムシのせいだって。
なにしろ俺はオヤジが50近くになって生まれた子供だからね。
うちの田舎じゃ、山でマムシを見つけると、オヤジ連中がニヤリと
してしまうぐらい精力に効くって言われているんだよ」
マムシが精力に効くということも昔から言われています。
特に中国では今から1500年も前にマムシを薬用として用いた記録も
あるほどで、古来より漢方では、マムシの臓腑と皮を取り除いて乾燥
したものを反鼻といって、強壮補血の妙薬として使用してきました。
日本でもマムシを焼酎に浸けて薬酒としたり、その肉を焼いて食べたり
乾燥させたり、黒焼きにしたりと、様々な食べ方をしながら、民間薬
的に利用されている歴史があります。
このような事実からマムシも精力増強に効果があるようです。
ある研究報告では、マムシには次のような薬理作用があることが報告
されています。
血圧降下、血流促進、スタミナ増進、心臓を強くするなどです。
その他にも、マムシのエキスを続けて服用することによって、各臓器
からのホルモン分泌が円滑になるという報告があり、これらのことから
結果的に強壮、強精に効果があると認められているのです。
それではマムシのどんな成分が精力に影響しているのでしょうか。

スッポンにはタンパク質が豊富に含まれている

そもそもタンパク質とは、三大栄養素の一つであり、血や肉の原料
として、人間が生きていくうえでどうしても欠かせない栄養素です。
これが不足すると、体力もスタミナもなくなって、精力の衰えにも
直結します。
特に中高年になってくると、胃腸の働きも低下してきますから、タンパク質の消化、吸収が悪くなって、体内のタンパク質が不足がちになって
しまいます。
中高年になればなるほど、タンパク質を多く摂る必要があるのです。
その点、スッポンには良質のタンパク質が多く含まれています。
ここでいう良質とは、タンパク質を構成するために必要な約20種の
アミノ酸のうち、なんと18種のアミノ酸がスッポンに含まれていると
いうことです。
特に人間の体の中で合成できない8種類の必須アミノ酸をすべて含んで
いるということは見過ごすことができません。
つまり、タンパク質を形成するためには、アミノ酸を充分に摂る必要
があり、そのためにはスッポンが非常に適しているといえます。
さらにその他にも、タンパク質と共同して様々な物質の代謝を促す
葉酸や、善玉コレステロールを増やすパントテン酸や不飽和脂肪酸
なども含まれていることから、血液や内臓全般の働きを活性化させ、
ひいては男性ホルモンの分泌も促して、精力を高めてくれるのです。
やはり、スッポンは科学的に見ても、精力に効き目があるという根拠
があったのです。
「スッポンもいいけど、マムシも忘れちゃいけないよ」
そう教えてくれたのは50代前半の男性でした。

スッポンの精力増進効果とペニス増大との関連性

つまり、絶倫であるスッポンを食べれば、こちらも精力がついて絶倫
になることができるというわけです。
しかし、そんなイメージだけでなく、実際に精力に効果があるからこそ
現代になってもスッポンが多く食されている理由になっているのは
確かなことでしょう。
実際、スッポンが疲労回復と性行動、ペニス増大の向上に効果がある
ということがマウスを使った実験でも証明されています。
なんと、スッポンをフリーズドライにして粉末にしたものを餌に混ぜて
マウスに与えたところ、1日1時間、連続10日の強制ロープ登り
をさせても、毎日、変わりないペースで運動し、雄にストレスを
与えておいて雌への関心をみる実験でも、スッポンを与えないグループ
に比べ約3倍もの活発な性行動を行ったと報告されています。
このようにスッポンは確実に精力増強にも効果的なのです。
では、科学的に見て、スッポンのどの成分が精力に効果があるので
しょうか。
スッポンを栄養学的に検証してみると、次のようになります。
良質にタンパク質、カルシウム、鉄、リン、ビタミンB1、ビタミンB2
ビタミンE、葉酸、パントテン酸。
これらの成分を特に滋養的にみてみると、カルシウムは牛乳や豚の
150倍、鉄やビタミンAは約3倍も多く含まれており、それだけでも
栄養豊富なことが分かります。
それに加えて、スッポンには良質のタンパク質が多く含まれている
ことが特徴的だといえるでしょう。

驚くべきスッポンのペニスの長さ!サプリは必要ないね

そこで、市販されている栄養ドリンク剤の成分を調べてみました。
栄養ドリンク剤は大きく分けて、ビタミン・ミネラルなどを主成分
にしたものと、漢方の生薬をメインにしたものの二つに分かれます。
この時、特に漢方の生薬をメインにしたものは、漢方薬学でいう”精”
に作用するものは少なくありません。
そういった意味では、ドリンク剤の中にも精力に直接働きかけるもの
があるということがいえるかもしれません。
しかし、先に紹介した街の声やデータから検証しますと、栄養ドリンク
剤が精力に特に効き目があるというわけではないようです。では栄養
ドリンク剤の他に、もっと精力に直接効き目があるものはないのか、
これも再び街の声を拾ってみました。
「なんといったってスッポンだよ。スッポン料理を食べると、身体
の芯から熱くなってきて、アソコがビンビンに硬くなってくるんだ。
だから女房と二人だけで出かけるような時があると、きまってスッポン
料理を食べに行くんだよ。
その夜はわかるだろ。俺たち夫婦の密かな楽しみさ」
49歳になる土木作業員をやっている男性が興奮気味にそう話してくれ
ました。
確かにスッポンは、昔から強精作用があるとされ、根強い人気があり
ます。
スッポンが本当に精力に効果があるのか、これは専門的に調べる価値
があります。
ペニス増大とスッポンにも多少関係があるのか調べてみたいです。
まさに万病に効くといった印象すらありますが、特に強精に効果がある
といわれてきたのは、スッポンが水や餌を与えなくても1年以上も
生き続ける生命力や、雄のペニスが体長の約4分の1の長さがある
うえ、交尾の時は挿入したまま3時間も離れないという生態にあやかっている部分もあったようです。
ペニス増大の師匠ともいえるスッポンですね。

栄養ドリンク剤とペニス増大サプリの効き方の違い

減退精力をいかに復活させるか。それは私たち中高年男性にとって
永遠の課題かもしれません。
しかし、その答えを専門家に求める前に、中高年男性たちは精力を
復活させるために、実際、どんなことをしているのか、街の声を拾って
みました。
それによると一番多かったのは、いわゆる栄養ドリンクを飲むというこ
とでした。
「直接、セックスの前に飲むというより、疲れたなと感じた時に服用
するね。まとペニス増大サプリも飲んでいるからそれは食事前に飲んで
いるよ。」(49歳 会社役員)
「いざという時にゴクリと一本って感じかな。どうしても心配だなって
時は、2本同時に飲んじゃうこともあるよ」(44歳雑誌記者)
確かに街の薬屋さんなどを覗くと、店頭でゴクリと栄養ドリンク剤を
飲んでいる中高年男性の姿を数多く見かけます。
しかし、効果のほどはというと、
「気休め程度ってとこかな」「なんとなく効くなって感じだけど・・・」
と栄養ドリンク剤を頻繁に服用している割には、その効果に疑問符を
投げかけている人がほとんどでした。
シトルリンドリンクはまた別物でペニスサイズをアップさせるのを期待
していますから、瞬間的な効果はほぼないといえます。
他のペニス増大系ドリンクもほとんど同じです。
東京と大阪で働くサラリーマンの6%が、栄養ドリンク剤を絶対に効くと
思っている反面、48%が気休め程度の期待しかしないということです。
この数字を見ても、栄養ドリンク剤を飲めば必ず効き目があると思って
いる人はあまり多くはないことが分かります。

ペニス増大サプリの活用で健康体を維持する

男は精子を放出したいという欲求がなくなっていく傾向にあり、人類
のさらなる精力減退につながる要因になっていることはわかります。
なぜ現代人の精子の数が減っているのか、まだ確かな原因は分析され
ていないようですが、ストレス説の他に、私たちの身の回りにある
ペットボトルやラップ類、プラスチック容器などに含まれている化学
物質(環境ホルモン)の影響だとの説もあり、現代に生きる我々にと
っては容易に素通りできない問題です。
中年男性にとっては、精力の衰えと包茎、短小の問題は避けられなく
なっています。
そこで役立つのがサプリメントです。
しかし、たとえ中高年になってもストレスを上手に発散させることが
でき、成人病だけでなく、その他の疾患もない健康な人もいるのです。
実際に、不倫をしている男性やセックスフレンドが数人いる男性は
健康そのものといった顔をしていますし、同じ年代の人と比べても
若さに溢れているように感じられます。
つまり、健康でいる限り、精力はいつまでも落ちないと結論づける
こともできるのではないでしょうか。
そして、それを逆に言うならば、どこか健康を害しているからこそ、
いち早く精力にその影響が現れるということにほかなりません。
まさに精力は健康のバロメーターであるといっても過言でないと
思います。
しかし、健康が大事とわかっていても、なかなか健康体を維持していく
ことができないのが、私たち現代人のほとんどです。
また、中年太りという言葉のごとく、日頃の暴飲暴食や運動不足から
肥満の傾向が強くなり、糖尿病や高血圧を招くなど、ペニス増大に
取り組むには難しい環境になっています。

精子の運動性をペニス増大サプリで活発にさせる方法

男性のペニス周辺に関する病気で前立腺肥大がありますが、この場合、
肥大した前立腺を提出すれば排尿は正常に戻ります。
しかし、精液がまったく分泌されなくなりますので、できれば早期
に治療して、摘出手術をしなくてもすむようにする必要があるでしょう。
また、精子は睾丸で製造され、睾丸に付属している副睾丸に貯蓄され
るのですが、個人差はあるものの、ほぼ4~5日で副睾丸が一杯にな
ってしまうので、5日以上射精をしないままでいると、精子を新しく
作る必要がなくなり、精子の製造が一時中断されます。
この状態がさらに続くと、精子を製造する機能を退化させる原因にも
なっています。
これは、ペニスを使わないでいると、トレーニングと同じで長さが
いつまで経っても変化しないのと同じです。
シトルリン入りドリンクを飲んだとしても、ある程度はペニスを伸ばす
方がいいでしょう。
ですから、精子を製造させる働きを促すためには、最低、週に一度は
精子を放出させる必要があるのです。
このことは精液を製造している前立腺にも同じことがいえますが、
せっかくの機能を使わないでいると、いざという時になって正常に
働かないばかりか、精力そのものを減退させる原因にもなってしまうのです。
ちなみに、最近、人間の精子の数が激減しているという事実が世界
各国より報告されています。
しかも、精子の運動率も20年前に比べて80%から50%に落ちたということ
も世界保健機関などで発表されています。

下半身の悩みはペニス増大サプリで解決するわけではない

だいたい40歳を過ぎてくると、血液の循環が悪くなり、ペニスにも
血液が流入しなく拡張しなくなります。
つまり、中高年を待ち受けている糖尿病や高血圧、心臓病といった
成人病のほとんどが、血行が悪くなる病気だからです。
中高年になれば、必然的に何らかの成人病につきまとわれますので
どうしても血流が悪くなる傾向にあり、当然、ペニス内の血行も悪く
なって、勃起のメカニズムが正常に働かなくなるというわけです。
これも、成人病そのものを治療または予防することが肝要です。
それと同時に血の流れをよくするための工夫と努力も必要でしょう。
精液や精子が分泌貯蓄されないというのは、精液や精子が製造され
なくなれば、それを放出したいという欲求もなくなり、ひいては
性欲そのものも湧き起こらなくなるということです。
そもそも精液は前立腺という器官で作られるものですが、この前立腺
は中高年になれば、誰でも硬化し肥大していく傾向にあります。
そして、この症状が悪化すると、精液の分泌が低下するとともに、
尿意を催してから出るまでに時間がかかり、排尿に勢いがなくなったり
無意識のうちに尿が漏れてしまったり、いわゆる失禁というような
症状が出てきます。
これを前立腺肥大といいます。
男性は、精力を上げること、ペニスを増大させること、排尿をスムーズ
にさせることなど下半身を中心に強化させる必要があります。
これは、ペニス増大サプリメントですべての悩みが消えることもあり
ますが、なるべくそれぞれに特化したサプリメントを服用するといい
でしょう。

中高年の精力減退の要因と貧弱なペニスの理由

中高年の男性は家に帰っても、住宅問題や子供の教育、老後の世話など
中高年だからこその悩みや問題が一気に襲いかかり、ますますストレス
を増大させています。
これではセックスどころの話ではないということが実感として大いに
理解できます。
男性ホルモンの分泌が低下するのは中年男性の場合は避けては通れない
一面があるようです。
つまり、性欲を左右する男性ホルモンの分泌が、18歳頃をピークにどん
どん低下していくからです。
しかし、性欲をまったく覚えさせないほど、男性ホルモンの分泌が
低下してしまうわけではありません。
たとえ、70歳80歳を過ぎても、セックスを可能にするだけの男性
ホルモンが分泌されるのが普通なのです。
しかし、何らかの原因で男性ホルモンの分泌が一気に低下してしまう
こともあります。
また、性欲を司る男性ホルモンの分泌が年齢とともに低下していく
わけですから、中高年になればなるほど、いかにして男性ホルモン
の分泌低下を防ぐかということが課題になってくるでしょう。
脳と性器を結ぶ精髄が事故などで傷ついたり遮断されたりすると、
脳の命令が正しく伝わらなくなりますから、ペニスは全く勃起しなく
なります。
これは致命的ともいえますが、精力うんぬんというより、傷ついた
脊髄を早く治すことが先決だといえるでしょう。
また、中高年に当てはめた場合、事故などによる損傷以外にも、腰痛
などが原因で精力を減退させてしまうこともあります。
これもまた、腰痛にともない背骨の中を通っている精髄が圧迫されて、
脳の情報が性器に伝わりにくくなることから起こるものと考えられて
います。
ですから、重度の腰痛であれば、まずは腰痛をじっくり治す必要が
あります。